1/4

「楽しい!」

  から

学びが​はじまる

​お教室が新しい場所でリニューアルオープンしました♪

モンテッソーリクラス 

随時体験申し込み受付中!

   11月からの<新クラス> 

定員になり次第、受付を終了致します。

月曜日(母子分離)月2回 第2・第4週目 6時間滞在型 (残席5)

IC(インファントコミュニティ)1dayクラス 

時間帯 9:30~15:30(昼食・おやつ付)

対象年齢 1歳頃~2歳半か3歳頃

日曜日(母子分離) 月1回 第1週目 6時間滞在型 キッズ1dayクラス (残席6)

時間帯 9:30~15:30(昼食・おやつ付)                 

対象年齢 3歳頃~5歳頃(就学前)

★お教室の様子★

キッズクラス(3歳頃~6歳)

新しいお教室にも慣れ、各自でお仕事を楽しんでいます♪

話言葉の敏感期でもあるキッズ達は、お話が始まると止まらなくなりみんなでワイワイ会話を楽しむこともありますが、このように自分の活動に没頭し道具の音だけが聴こえる瞬間もあり、集中力の高さには驚かされます。

ICクラス(歩行完了~2歳半頃)

自分一人の世界から、他者とのかかわりを持ちその楽しさが分かるようになってきました。

近頃は言語の敏感期が爆発しており、読書コーナーでソファに座り絵本を読む子ども達の姿をよく見かけています。

リニューアル後に設置したIC用ソファですが、たった1度「絵本を読むときはこのソファに座って読もうね~」と伝えただけで、子ども達はいつもソファに座り絵本を楽しんでいます。

​環境を整えることの大切さを改めて実感です!

仲良し女の子たち、お互いの絵本を見ながら楽しそう♪

​しっかりモンテッソーリ活動をした後は、お外遊び!

夏の暑い日は公園には行かず、お教室前で水遊び♪

​スポンジやカップも用意して空け移しなどお水を使った日常生活の練習も何気なく取り入れてます!

お教室のたびに「できた!」が増えていくSちゃん。

私の提示もとても上手に見てくれます。

最上段に穴があるのは提示を見て知っていたけど、うまくみつけることができなかったその時、他にも穴があることに自ら気付いたSちゃん。

すごい!

ボールの色にもこだわり、この日は赤にこだわった様子。

​0歳児でもこだわりや自己選択がきちんとできるんです!

「春探し」に行って来ました!

何種類かの草花を摘んでお教室に持ち帰り、図鑑で名前を調べました。

モンテッソーリでは、なるべく本物や実体験を大切にするようにしています。

このように、活動を通して見て触れて感じたことは忘れないものです。

ですが、チャンスや環境がないとせっかくの意慾も心にしまいこんだままになって勿体ないですよね。

ようやく暖かくなってきましたよ。是非、春を探しにお出かけしてみてください!

​外の活動は五感刺激が溢れていますよ!

ベビークラスのSちゃん♪鏡が大好きなお年頃!

モンテッソーリでは、鏡は赤ちゃんが自分の動きを確認するために設置します。

自分には手足があり、どうするとうまく動かせているのか、どのように動いているのかをしることを援助します。

また、他人と自分の違いも分かるようになってきます。

自分と他人が存在することを知る。これは大きな「じりつ」の1歩なのです!

​モンテッソーリ教育は0歳から自立へのしかけがあるんですよね~

これは「ひも通し」のお仕事。

とても器用になってきて練習用のビーズでは物足りなくなってしまった子供たちに用意をしていたとても小さな穴のビーズ。すごく綺麗でお持ち帰りもOK!

指先の運動能力は4歳前後に決まると言われており、この時期にしっかり鍛えられた機能だけが自分だけの物になると言われています。

目と手の協応動作の獲得にとても効果が高く導入しやすいので、おうちモンテでもお勧めです!

現在、教室で人気NO.1のお仕事がこの「色水のお仕事」。

そもそも子どもたちはお水が大好き。

そのお水に色がつくと更に大興奮!何度も繰り返すうちに、無意識に色彩の感覚が身についていきます。

このように夢中になることは、モンテッソーリでは「集中現象」と言い、身体的・知的・感情的・社会的なあらゆる面の発達に関係してると言われています。

子どもが育つ活動サイクルの1つでとても重要な現象です。

​手出し口出しをせず、子どもの集中現象をそっと見守ってあげましょう!

この日は、前回お帰りの時間になり出来なかった「シール貼り」のお仕事に取り組むYくん。

目と手の協応性、両手の協調性を発達させるのにとてもお勧めなお仕事です。

こんなに沢山のシールを貼ったのは、実は初めてでした。

ゴミはゴミ入れに入れる。というルールも守ることができ、しっかり指先を使ってはがして貼るを何十回も繰り返し完成した大きなりんごの木!

とても満足そうだったYくん。

​「はじめてできた!」や、「ひとりでできた!」の嬉しそうな顔を見るのは本当に嬉しい瞬間です。

教具の組み合わせには色々あります。

子どもたちの創造性の先にある教具の使い方であれば、本来の使い方から少しそれても私は見守るようにしています。

この日は、Sくんがこんな風に大好きなトミカのはしご車のはしごの長さをピンクタワーで計測していました!

素敵な発展的お仕事ですよね。

教具に​触れることの少なかったSくんも、こうやって少しづつ教具に触れる楽しさを感じてくれると嬉しいです。

「日常生活の練習」で【卵焼き】を作るお仕事です!

前回同様、こちらも「随意筋肉運動」を目的としています。

とにかく手先が器用で、容量も抜群のRちゃん♪

提示も真剣に見てくれるので、順序もしっかり把握し、混ぜる・焼く・返す・切る・はさむ・移す・並べる・最後に食べる!までとても上手でした。

心もお腹も満たされて、この笑顔です♪

​子どもたちはクッキング大好きですね!

「感覚教具」の1つ、「色付き円柱」のお仕事です。

色付き円柱とは、色で識別することで4種類の特色がよりはっきり認識できるようになっています。

大きさの順に高く積み上げたり、順に横に並べて大きさや寸法の漸次性に気付かせます。

また、色の違う2色の円柱セットを使い、同じ高さの組み合わせや同じ太さの組み合わせを探し、大きさの理解をより深めます。

​目で見て、持って、大きさや重さの変化を体験することで、数値以前の量の体験をし、算数教育の十進法の理解へ繋げる事を目的としています。

「日常生活の練習」のお仕事。

「ボタン留め」

これは、着脱の基礎練習と自立への1歩に繋がる大切なお仕事です。

そして、この一連の動作から手先・指先の細かな3指の運動が獲得されます。

大きなボタンがスムーズに出来るようになると、小さなボタンへステップアップするといいと思います♪

​自分の洋服のボタンやファスナーが留められるようになると、子どもたちはとても得意そうで、嬉しそうな笑顔を見せてくれます!

ひも通しのお仕事からの発展で、「はさむ」お仕事を楽しんでいます!

トングに比べて洗濯ばさみは更に指の力が必要になります。

大切な3指の運動の獲得にはもってこいのお仕事ですね。

おうちでママのお洗濯の時に一緒に干してもらえるお仕事で、ママの役に立てた喜びはとても大きな喜びです♪

是非、おうちモンテにチャレンジしてみてください!

これは、「ロックボックス」(カギ箱)という教具です。

とにかく子ども心をくすぐるこの教具。

かなり人気高めです!

手先を使うことで目と手の協応動作に最適

さらに、自由に発展させるお仕事でもあり、フィギアとのコラボは最高に楽しそうです♪

フィギアを使う事でストーリー性が生まれ想像力も豊かになります。

​「夢中になる」姿はいいですね~♪

これは、「10枚のりんごの木」という教具です。

・1~10までの数と量の一致を知る

・ペグ刺しをすることで3指を使い細かい動きの獲得

を目的としています。

その他、算数的な使い方もありますが、2歳前後は秩序が現れる時期。

全てのペグを刺したい欲求が強く、全て刺し終えて達成感を得たいようです。

そんな時は、秩序や敏感期を優先し、見守ってあげるのも良いと思っています。

​Eくんも100個のペグを刺し終えて大満足していました♪

待望のプログラミングツール「キュベット」到着!!

プログラミング教育先進国のイギリス発、デジタル画面を使わずにコーディングの基礎を自然に身につける事ができます!

更にスゴイのは、モンテッソーリ教育に着想を得て作られているところ!

モンテッソーリ教育界で有名な日本モンテッソーリ教育綜合研究所センター長の松浦先生も推奨。子どもたちの刺激を受けた時のキラキラした顔が今から楽しみです♪

「日常生活の練習」の【サンドイッチ作り】のお仕事です。

前回同様、「随意筋肉運動」を目的としています。

初めてのピーラー。ほそ~くなって出てくる皮がとても楽しかったようです♪

子どもにとって初体験程ワクワクすることはありません!

使ったことのない手の動きは本当に刺激的です。

キラキラした目で取り組んでくれたWちゃんでした♪

「日常生活の練習」の【バナナを切る】お仕事です。

このお仕事の目的は単なるクッキングではなく、「随意筋肉運動」を目的としています。

随意筋肉運動とは、自分の意志で動かす随意筋を自分の目的に沿って使えるようになる訓練をすることです。

4歳前後の子供たちはこの随意筋を使えるようになりたい時期なのです。

そして、この随意筋肉運動は「知性の働き」と連動します。

自分で切ることができたバナナの味はひと味違うことでしょうね♪

​ご馳走様の時の笑顔が素敵でした!

​「日常生活の練習」の【あけ移し】のお仕事です。

モンテッソーリの感覚教育でも最も重要視するのが指先(特に3指)を使った活動です。

「突出した第二の脳」とも言う程ですので、微細運動が不足することは不器用になるだけではなく、脳の働きを狭めているかもしれません。

この日のSくんは「トング」を使ったあけ移し。

狭いスペースの物を挟むのは高度なことですが、抜群の集中力で黙々と活動していました♪

​「日常生活の練習」の【掃く】のお仕事です。

​この日はKちゃんが工作で作ったお手製ほうきでお仕事♪

日常生活のお仕事は、子供の肉体的・精神的・道徳的な面から全発達にとってこんなに大切なものはないと言われる程重要な領域です。

おうちでもすぐに取り入れられるお仕事ですね♪

​早速おうちdeモンテに取り入れてみて下さい!

これは「こまーむ」といって「視覚刺激」の教具です。

生後4か月頃になると奥行きに対する知覚、更に目と手の協調が発達を始めます。

その後、立ったり歩いたりといった全身動作を上手く行う上で視覚がとても大切な役割を果たすようになる時期です。

こまーむの動きのスピードは赤ちゃんに最適なのでNちゃんも夢中でした♪

大好きな「ごますり」のお仕事。このお仕事は「五感刺激」に特化したお仕事です。

プチプチという感覚がすりこぎから指、体に伝わり(触覚)、ごまをする度にプチプチの音が聞こえる(聴覚)、ごまをする前とすった後の匂いと見た目の違い(嗅覚・視覚)、出来上がったごまをお料理で頂く(味覚)。

​子供たちに人気も高く、とても簡単でお家でもすぐに取り入れることのできるお仕事でとてもお勧めです!

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Follow Us
  • White Google+ Icon
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon