- 教育方針 -
 

​特徴1:自由選択活動
発達の過程における「敏感期」を重視し、「こどもは自分の発達に必要なものを自分自身が一番よくわかっている」という信念のもとに、従来の教育のように大人主体でこどもの活動を決めて支持を出すということはせず、それぞれのこどもが自分で活動を選ぶように導きます。
その為、教室内では色々な活動が同時に行われています。

特徴2:縦割りクラスの構成
1・2・歳児の混合クラス、3・4・5歳児の混合クラスというように、異年齢のこども達が同じクラスを構成しています。
これにより、年下の子にはなんでも上手にできる年上の子達のお手本がクラスに常に存在するというメリットがあり、年上の子は年下の子に優しく接したり、お世話をしたりするという機会を得られるなど、自然に学び合えることが成り立ちます。
​これにより、自ら成長したい!と願い、また人に優しいこども達に育ってくれるのです。

特徴3:自立と自尊心
モンテッソーリ教育の理念とも言える、「ひとりでするのを手伝ってね!」を元に、こども達の「自分でやりたい!」という気持ちを大きく尊重し、大人はやってあげるのではなく援助者としてやってみせてあげるという関わり方を基本としています。
また、こども達が存分にお手伝いで生活すること自体を楽しめるよう配慮し、「できた!」の心や人の役に立てる喜び、そして自尊心を持つ人間を育てていきます。

特徴4:体験の重視
モンテッソーリ環境での6歳以下のこども達は、それぞれの活動を何度も何度も繰り返し実際に体験することによって、徐々にその動きと知性と意思を統合していきます。
体全体の大きな動き(粗大運動)のみならず、手を使った細かな動き(微細運動)などの多くの経験により、自らの思う通りに動かせる体を獲得し、単に知識を得るだけではなく自分自身を創造していくのです。
​この「動きながら学ぶ」ことこそが、幼児の発達の秘密の1つであり、私達はその自発的で自己形成のための動きをなるべく干渉しないように関わることを心掛けていきます。